あなたの国産キャビア事業を応援します!チョウザメ稚魚販売の【有限会社小林建設チョウザメ養殖事業部】完全国産・自社繁殖

国産チョウザメ稚魚販売の有限会社小林建設チョウザメ養殖事業部

チョウザメ販売

チョウザメ稚魚・成魚販売します(業務用・ペット用)

仕入れのご相談はこちら

有限会社小林建設 チョウザメ養殖事業部

キャビア事業で困っていませんか?

キャビア事業について

稚魚の入手先がわからない

チョウザメの種類を増やしたいが希少種が入手できない

届いた稚魚が貧弱で死滅してしまった

キャビア事業を始める前に相談がしたい

チョウザメの飼育について相談がしたい

私も13年前に同じ事で悩んでいました。

小林建設 代表取締役社長 小林

私がチョウザメの養殖を始めたのは、平成17年の頃です。

本業の建設業が公共工事の削減で厳しくなり、何か違う事業をと思って始めたのがチョウザメの養殖とキャビア販売事業でした。

世界的なキャビアのニーズに対して養殖業者は少ない点、弊社のある町がオオサンショウウオがいるくらいきれいな水が流れる町だから環境も適しているのではと思ってはじめました。

もちろん、チョウザメのことも養殖のことも知らない素人からのスタートです。まずは、チョウザメの入手から困りました。どのチョウザメを育てるのがよいのか、どこで販売しているのか・・。

いろいろと調べて、サンロック(後の釜石キャビア。東日本大震災で解散)やフジキンから稚魚を買うことができました。

最初は、2mの水槽3つ、5mの水槽1つ、チョウザメはベステル稚魚1000尾、アムール3才魚100尾からのスタートでした。建設業をしているので、養殖施設はすべて自社で手作りして試行錯誤をしながらチョウザメを育てました。

チョウザメは育てやすい部類の魚ですが、購入する稚魚の状態と1か月の飼育状況が大事です。購入時から痩せている個体は餌の食いが悪く、ほぼ死にます。

こういった経験を経ながら、現在、17基の池で6種、5000尾以上のチョウザメを養殖しています。魚種は、アムールチョウザメ、ロシアチョウザメ、シロチョウザメ、シベリアチョウザメ、コチョウザメ、ベステルチョウザメの6種を育てています。

国産キャビアは、稚魚が入手しづらいという課題があり、当初は私も苦労しました。弊社は、ご縁もあって、複数のチョウザメの稚魚を孵化させる技術を取得することができました。私たちは、国産キャビアをさらに広めるためにチョウザメ稚魚の販売をいたします。
有限会社小林建設 代表取締役社長 小林

 

セレビアはあなたの悩みを解決します

稚魚販売

稚魚販売

複数種、小ロットの稚魚販売!
生産効率の高いチョウザメ、付加価値の高いチョウザメなど稚魚を販売します!

 

開業相談

開業相談

0から始めた経験あり!
チョウザメ養殖事業を始める前の事前相談も可能です!
池の構造や給排水設備もお任せ!

 

ノウハウ

スタートアップ支援

養殖、キャビア販売まで!はじめてのスタートアップ支援(有償)も可能です!
スタート、1ヶ月目、3ヶ月目に支援!
※出張支援要相談。

 

セレビアのチョウザメ稚魚が選ばれる理由

お電話でのお問合せはこちら

ご相談・ご質問など何でもお気軽にお問合せ下さい

お問合せフォームはこちら

有限会社小林建設 チョウザメ養殖事業部

Q&A

Qチョウザメの種類と特徴は?
Aチョウザメには20種を超える種類があり、最も有名なロシアだけでなく、イラン、アメリカ、フランス、ドイツ、中国をなどで生息、養殖されています。
チョウザメの種類でキャビアの品質がことなり、また同じ種でも餌が異なるとキャビアの味に違いが生じます。
カスピ海産の中でもロシア産が高級なものとされます。
チョウザメは、下記のようにランクが分かれています。
大きな個体ほどキャビアがとれるまで歳月がかかり、比例して希少性が高くなります。
最高品種のベルーガは特に希少で個体数も減っており、稚魚はほぼ入手できません。

ベルーガオシェトラセヴルーガ

その他、スターレット(和名:コチョウザメ)は、希少種として人気があります。 日本で養殖されるベステルは、最高品種のベルーガと成熟年数が短いコチョウザメをかけあわせたものです。 他にもチョウザメの種類がありますが、ランクとしては、大きさと成熟年数で決まります。
Qキャビア事業でおすすめのチョウザメは?
A経営の考え方で異なりますが、高級路線で行く場合は、大型のチョウザメ、アムールチョウザメ、ロシアチョウザメ、シロチョウザメをオススメします。
デメリットは、産卵までの成熟年数10年~と長いため、売上が上がるまで長期間かかります。

シベリアチョウザメやベステルチョウザメは、成熟年数が6~7年でやや短いため経営しやすくなります。
デメリットとしては、日本国内の養殖はベステルチョウザメが多く競合が多いことです。
高級種と回転の高い種の複数を養殖してバランスをとる形をおすすめしています。
Qチョウザメは養殖しやすい?
A私も初心者から始めましたが、比較的扱いやすい魚だと思います。
ただ、稚魚の質が悪いと死滅してしまうので、元気な稚魚の入手が重要です。
稚魚を入れてから1ヶ月~3ヶ月を無事に乗り越えれば育てやすいと思います。
弊社では、食いの良い稚魚を選んで送ること、はじめてで不安な方にはスタートアップ支援をつけることで養殖の成功を支援します。
池づくりやエアレーションから手作りしてきたノウハウをご提供いたします!
Qチョウザメの入手や自然繁殖は難しい?
A希少なチョウザメは絶滅危惧種に指定されるなど年々希少性が上がっています。
輸入も難しい点があり、国内で入手しやすいチョウザメはベステル種くらいです。
希少種のチョウザメの入手は難しいといえます。
また、自然繁殖は期待できません。
弊社も当初はチョウザメの入手が困難になってきたため、自社で繁殖ができないかと挑戦しましたが、なかなか実現できませんでした。
幸運にも日本で初めて国内養殖キャビアの商品化に成功し、チョウザメ繁殖も行っていた釜石キャビアと交流がありました。
東日本大震災によって壊滅的な被害を受けて解散されましたが、弊社は、その後、この研究を担当されていた方にお願いし、2013年からチョウザメの繁殖の指導をしていただき、チョウザメの孵化に成功することができました。
Qペット用のチョウザメはありますか?
Aペット用のチョウザメもございます。お気軽にご相談ください。
10cm~20cmの稚魚をご提供いたしますが、それ以下、それ以上も指定していただければご提供いたします。
お送りする前に写真でチョウザメを確認してから出荷いたします。※大きさは、1~3cmの誤差が出る可能性はあります
飼い方は、ネット上にも記事がありますが、病気等がなければ長期間生きるため愛着がわきます。
成長して大きくなることを理解した上で飼育してください。
※お申し出があれば、こちらで引き取ることも可能です。
Qどのような形で届きますか?
Aビニールに稚魚(10cm前後)を入れ、エアーを充填します。そのビニールを発泡スチロールに入れて出荷いたします。
稚魚1000匹だと120サイズの発泡スチロール20箱でのお届けです。

稚魚のお届け方法

Qチョウザメの大きさは選べますか?
Aキャビア事業を進める方に提供するチョウザメは、生まれて3ヶ月(10cm程度)~2年(30~40cm)までの稚魚になります。ご注文時にご希望の稚魚の大きさをご相談ください。※稚魚の金額は、年数・大きさに比例して単価が高くなります。ペット用に購入されたい方は、大きさをお教えください。生まれて数ヶ月の小さな稚魚から数年たった1メートル以上の大型なチョウザメまでお好きな大きさを選べます。
Qチョウザメ稚魚のオス・メスは分かりますか?
Aチョウザメのオス・メスの見分けは稚魚の段階ではできません。3~4歳以降に卵巣・精巣で見分けます。これまでの結果から推定するとチョウザメの稚魚のメスの割合は、4割前後です。キャビア事業で稚魚を購入する場合、その割合を考えた上で計画をたてる必要があります。また、キャビアを作れないオスは飲食店のメニューや燻製等の商品にして販売することができます。

国産キャビアで成功できる?

小林建設 代表取締役社長 小林

世界最大珍味としても有名なキャビア。
最高級食材となった理由はその味だけでなく希少性。
最高級種のチョウザメからキャビアをとるには20年もの歳月がかかります。

世界中のキャビアニーズに対して成長の遅いチョウザメ。
今では、天然のチョウザメは激減してしまいました。

そのため、近年では世界各国で養殖チョウザメによるキャビアの製造が進んでおり、 日本でもチョウザメの養殖・国産キャビアの製造が進められています。

キャビアニーズに対して生産量が追い付いていないという強みだけでなく、 国産キャビアは、輸入物と違い塩分濃度が低く、そのフレッシュさゆえ 国内の高級レストランから多くの引き合いが期待できます。

しかし、“チョウザメの入手の難しさ”ゆえ事業参入が進んでいないのも事実です。

だからこそ、 複数種のチョウザメを入手し育てることができれば 国産キャビアのシェアを十分狙えます!

 

チョウザメ稚魚・成魚販売します(業務用・ペット用)

 

お気軽にお電話ください

メールで相談する

名前Your Name
ふりがなName Reading
メールアドレスMail Address
メールアドレス(確認)Mail Address Confirm
電話番号Phone Number
お問い合わせMail Contents
お問い合わせの内容Mail Contents

ページのトップへ戻る